‘End of blind engagement with CCP’中共との盲目的な約束は終了した」’Distrust and verify’「信用しないし検証する」アメリカ ポンペオ国務長官のスピーチ、かっこいい~!


2020年7月24日、アメリカ トランプ政権は、ヒューストンの中国総領事館を閉鎖。

前日7月23日に、ポンペオ国務長官は大変重要なスピーチをし、衝撃が世界に走りました。

強烈な内容で、目が飛び出るほど驚きました。

一方で、強力なアメリカの態度が羨ましく思います。

世界が瞬きも許さないほどの速さで動いています。事実を知ることすら追いつかない。

私たちも自分の国を、この大きな波をどう乗り越えていくか考え行動するためにも、少しでも多くの正確な情報を取り入れる必要があると思います。

いよいよ、否応なく英語に接しなければならない時代が来ました。(笑)

困惑しないためにも、知っておいて損をしない英語を頭に叩き込むのもいいですよね。

古典や歴史を学んで日本人としての背骨を鍛え、激動する世界情勢を知る。行動する。

とても大切なことだと思います。

ということで、

英語学習もしてしまいましょう!

ポンぺオ国務長官のスピーチ ”Distrust and Verify”

ポンペオ国務長官の該当スピーチに関して、アメリカの Fox News が記事にしています。

その中のポンペオ国務長官の発言を訳してみますね。

“if we bend the knee now, our children’s children may be at the mercy of the CCP, whose actions are the primary challenge to the free world.”

「もし我々が膝をつけば、子供達の子供達が中国共産党のなるがままになるだろう。

中国共産党の行動は、自由世界への最大の挑戦である。」

※bend the knee –膝を曲げる

※be at the mercy of — ~のなすがままに

※CCP — Chinese Communist Party

※primary — 一番重要な

Chine’s consulate in Huston was a hub of spying and IP theft.

ヒューストンの中国総領事館は、スパイ行為と知的財産窃盗の拠点だった。

※consulate – 領事館

※IP — intellectual property 知的財産 (intellectual property right 知的財産権)

※theft — 泥棒

It’s true that unlike the Soviet Union, China is deeply integrated into the global economy. But Beijing is more dependent on us than we are on them.

ソビエトとは違って、中国は世界経済に深く吸収されている。

しかし、私たちが中国に依存しているよりも、中国のほうがより多く我々に依存している。

※integrate — 統一する、吸収する

※dependent – 依存する、隷属する

We opened our arms to Chinese citizens, only to see the CCP exploit our free and open society.

我々は中国市民に手を広げたが、中国共産党は我々の自由で開かれた社会を食い物にしたことがわかっただけであった。

※exploit — 食い物にする

General Secretary Xi Jinping is a true believer in a bankrupt totalitarian ideology.

習近平書記長は、破綻した全体主義イデオロギーの真の信奉者である。

※General Secretary Xi Jinping – 習近平書記長

※bankrupt — 破綻した

※totalitarian — 全体主義の

Communists always lie, but the biggest lie is that the Chinese Communist Party speaks for 1.4 billion people who are surveilled, oppressed, and scared to speak out.

The CCP fears the Chinese people’s honest opinions more than any foreign foe. And save for losing their own grip on power, they have no reason to.

共産主義者はいつも嘘をつく。

しかし、一番大きな嘘は、中国共産党は14億の人々のために話している(代弁している)とするものである。中国人民は、監視下に置かれ、圧政下に置かれ、発言を畏れている。

中国共産党は、どんな外国の敵よりも中国人民の正直な意見を畏れている。

そして、権力掌握を失うことを除けば、彼ら(中共)がそうする(監視、圧政を行う)理由はない。

※Communist — 共産主義者

※surveil –監視下に置く

※oppress– (権力などで)厳しく支配する

※foe — 敵

※save — ~を除いて(前置詞)

The only way to truly change Communist China is to act on the basis of what its leaders do, not what they say.

President Reagan dealt with the Soviets on the basis of ‘trust but verify.’

When it comes to the CCP, I say, ‘Distrust and verify.’

中国共産党の中国を変える唯一の方法は、共産党のリーダーの行動を基準にして我々は行動することである。彼らが何を言うかが基準ではない。

レーガン大統領は、[信頼するが検証する]という基準でソビエトに対応した。

今、中共に対しては[信頼しないし検証する]である。

※basis — 基準、根拠

Just think how much better off the world would’ve been if the doctors in Wuhan had been allowed to raise the alarm about the outbreak of a new coronavirus.

考えてみてくれ。もし、武漢の医師たちが新型コロナウィルスが突然発生したことに関する警鐘を鳴らすことが許されていたのなら、世界ははるかにもっと良い状態になっていただろう。

※Wuhan — 武漢

※outbreak — 突発的な発生

※a new coronavirus — 新型コロナウィルス

ついでに、、、

中国側の反論

ヒューストンの中国総領事館を72時間以内に閉鎖するようにアメリカ国務省に告げられた後、あるテレビのインタビューでスパイ活動やデータ窃盗を指摘された中国領事館長Cai Wei氏の反論が笑えるのでご紹介します。

Asked about accusations of espionage and stealing data, Cai said, “You have to give some evidence, say something from the facts. … Knowing Americans, you have the rule of law, you are not guilty until you are proved guilty.”

スパイ行為やデータ窃盗の告発について尋ねられた際、Cai 氏は言いました。

「あなた方は証拠を示さなければならないし、事実に基づいて発言しなければならない。アメリカの皆さんはご存じでしょうが、あなた方には法に基づくルールがあります。有罪を証明されるまでは無実です。」

※accusation — 告発

※espionage– スパイ活動

※stealing data –情報窃盗

どの口がいっているのでしょうね、

いつものことですが。。。

ポンペオ国務長官は、中共との戦いには世界的な連携が必要だとも述べています。

さぁ、日本、どうする?

いい加減、覚悟を決めてほしい!

まだまだ、興味深く大切な発言があります。

それについては、8月8日の「ことふみ塾 時事英語講座」でやりたいと思っています。

スポンサーリンク
simplicity11