お薦め本


058d4106aafb5ac942e1083b47416c57_s

読んでほしい本をご紹介します。

カレンダー

にっぽんの祝日カレンダー 31年度版が発売されました。

にっぽんの祝日カレンダーって、いい味出してるよね♪
「にっぽんの祝日カレンダー」っていうのがあるのですが、 これが、いい味出しているんですよ。 挿絵はきっと子供が描いている...
「にっぽんの祝日カレンダー」の製作者さんと お友達になっちゃったよ♪
去年平成30年、あるカレンダーを買いました。 「にっぽんの祝日カレンダー」というのですが、 愛くるしいイラストが描いてあ...

古典探検隊で使っているもの

やさしい雰囲気の紙面づくりと親しみやすい解説で、論語を学ぶのが楽しくなります。

ハードカバー3冊セット。ご自宅で見るならこちら。また、プレゼントにも超お薦め!

私たち古典探検隊は、これを使ってます。

幼稚園生から小学校低学年は、まずこちらのかるたで慣れ親しむといいですよ。読み札と取り札双方にかわいい絵が描いてあって、登場人物のイラストが同じなら正解、というとっても親切な作りです。勿論大人も楽しめます

←小学生百人一首大会では、この札を活用しています。

江戸時代、寺子屋で学ぶ子供たちは、これをそらんじていたといいます。人の道を、朗々と歌い上げています。覚えやすい!

イラストもかわいらしく、ストーリーも無駄がなく、しかも安い!これ、買わなきゃ嘘です!

講義で話された内容そのままの書き起こしだと思います。話し言葉なので、面白いのなんのって。。

こちらは、解説本です。オーソドックスで、わかりやすいです。

↑小倉百人一首がどのような時代背景のなか、何を求めて編纂されたのかについての指南があり、深い思索に浸れます。

日本の国のあり方、國體がよく理解できる本です。読み進めていくうちに、とても敬虔な気持ちになります。日本人必読の書といっても過言ではないと思います。

読後感です↓
必読の良書です★おすすめ!→『新版 明治天皇』(里見岸雄著/錦正社)
日本人、必読の良書です 『新版 明治天皇』(里見岸雄著/錦正社) 新版 明治天皇 この本を読んで、最初に思ったのは、日本国...

憲法改正を論じるのに、何も知らないままじゃ恥ずかしい。分厚い本ですが、読みやすいです。とってもおすすめ!

洗脳されている私たちにはちょっとおどろおどろしいタイトルに感じますが、資料に基づいていながら、とても読みやすく説明されている本です。自分の中で漠然と不思議に思っていたことが、すっと~んと腑に落ちた、そんな本です。

読んだ本の感想など

万葉集は、壬申の乱の時代の日本の精神文化と歴史を描いた側面もあるんですって。
萬葉集に沢山の歌が収められている柿本人麻呂は、神の如しと言われ、評するのは畏れ多いと評価対象から外された程の天才歌人と言われています...
古来から人物といわれる人に 備わっているもの ~ 安岡正篤の言葉から 
古来から人物といわれる人に 備わっているもの ~ 安岡正篤の言葉から 古来から人物といわれる人には、 根本に気力・活力・骨力とい...
其の為さざる所を為すなく、その欲せざる所を欲するなし。此の如きのみ。
自分の備忘録としてで恐縮なのですが、、 最近、とある選挙の様子をみて、色々と感じてしまいまして、、、 この言葉も、考えさせられま...
終戦の詔に思うこと[#19]
前回、僕は「大東亜戦争終結に関する詔勅」を朗読してみたんだ。丁寧に読むことで、昭和天皇のお気持ち、この玉音放送を聴いた国民の心に去来...
修行においては、これまで成就ということはなし(葉隠)
渡邉五郎三郎先生という齢100になられた方の学習会に、長年参加していました。 先生から届く年賀状には、 必ず、今後ともご...
徳は弧ならず 必ず隣有り ~論語~
なかなか上手くいかない時、 こんなことやっていて、一体何になるのかな? と、自分のやっていることに自信がなくなったりする...
小倉百人一首のかるたは、色々なものがありますよね。 少し前あるご婦人が話して下さったことがあるのですけど、 彼…
綺麗な息を吐く!それが幸せのコツ♪~小野善一郎さんの大祓詞の本を読んで~[#37]
『あなたを幸せにする大祓詞(おはらえのことば)』 (小野善一郎著/青林堂)を読んで学んだことをお伝えします。 人...
『大祓詞(おおはらえのことば)』に込められたものは、、
前回の投稿で、小野善一郎先生の『古事記』の心について、馬淵睦夫先生と対談をしている動画を、自分への備忘程度にメモしたものを、あまりに...
【salog】小学校を卒業する記念に贈る本
小学校を卒業する習い子達に、今年はどんな本を送ろうかな、と、考えるけれど、結局、毎年、この本になります。 文庫本で、字が小さく...
『実語教』解説 その1
『実語教』の中で、私がわかりづらいな、と思ったところを解説していきますね。? まず初めは、冒頭から区切りのいいところまで(^_^;)、...
『明君家訓』で、八代将軍 徳川吉宗が示した武士の理想像
『明君家訓』で、八代将軍 徳川吉宗の侍講を務めた室鳩巣(むろきゅうそう)が示した武士の理想像。 当時武家社会で好評を博し、吉宗...
おすすめ本)『ある明治人の記録~会津人 柴五郎の遺書』
「幾たびか筆取れども、胸塞がり涙先立ちて綴るにたえず、 むなしく年を過して齢既に八十路を超えたり。。。。。 。。。。。。 ...
スポンサーリンク
simplicity11
simplicity11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする